スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九度目の廃墟 その4

盛岡市で冷麺食べた。で、松尾鉱山行く。9時に田老を出て、寄り道しながら松尾に着いたのが14時半。でかいよ岩手。山ばっかり岩手。日本のチベット岩手。
718_convert_20121010035324.jpg
『緑ガ丘アパート』
P9084706_convert_20121018211526.jpg
素敵なところで御座いました。社宅でございますな。
P9084655_convert_20121023025836.jpg
共同浴場へ通じる中央通路。ここすごく好きだ。
アパート群を抜けるとでかい煙突がある。
そこでジイ様が写真撮ってたから、元気よくこんにちはって挨拶した。そしたら、ジイ様が「昔ここに住んでた人ですか?」って聞いてきた。
自分は1985年生まれでして、ここのアパート群は60年代後半から70年外初頭までには完全に廃墟になってるはず。そして、その質問は我々がジイ様に対してする質問だろ、なんて思いながら「違います」と言って奥に進む。
P9084641_convert_20121023040215.jpg
『生活学園』って書いてある学校。ここの写真撮ってたら後ろから物音したから振り返るとさっきのジイ様がいた。
そっからジイ様と行動を共にすることになった。
ジイ様は昔ここの住人だったみたいでいきなり松尾鉱山について解説をしてくれたので自分が調べた情報と共に下にまとめる。
憶え違い、勘違いがあるかもしれんがアホなんでご了承ください。
ジイ様は昭和26年位から昭和37か38か39年まで松尾に居た。松尾鉱山は硫黄鉱山だった。硫黄は石油と一緒にとれる為、硫黄鉱山は存在意義を失ってしまう。
それに伴い1969年に倒産。全従業員が解雇される。この時の退職金は25万だったそうだ。現在いの価値に換算すると約80万。その後、新会社が設立されたが1972年には倒産し完全に閉山。後は鉱毒処理施設が稼動するだけになる。
P9084697_convert_20121028012903.jpg
硫黄はマッチや爆弾の材料になる。二次対戦時、鉱山で働く人達は戦争に行かず働いていたそうだ。
1940年から朝鮮人を労働力として導入。差別なんかあったのか聞いてみたら全然なかったそうだ。朝鮮人は日本国籍を得て結婚して日本人として生活していくそうだ。
松尾は広い。6000人位だか15000人位だか住んでたそうだ。病院あり学校あり住宅ありでなんでもある雲上の楽園と呼ばれてたそうだ。
住宅は家賃タダ、電気水道タダと全部会社もち。だけど部屋狭い。
P9084632_convert_20121028014305.jpg
どの家でも5,6人はあたりまえのところにこの狭さはつらいよ。当然、2段、3段ベッドになり、便所ちかい奴は下にねかされるとの事。冬になるとアパートとアパートの間が雪で埋もれるらしい。なので屋上から隣のアパートへ余裕で行ける。それで嫌いなオヤジの家の煙突に雪をしこたまいれてやったらしい。そうすると家は水びたし。P9084619_convert_20121028013319.jpg
山のほうに家がある奴はスキーで通勤、通学すると凄く早く着く。歩きじゃ1時間かかる処を10分で着いちゃうってんだからそのスピードたるや尋常じゃあない。学校では2階から雪に向かって飛び降りてたみたい。これは自分もやってたからよくわかる。
学校(今の生活学園)の下のほうに新校舎があったそうだ(今は無い)。
P9084649_convert_20121028015635.jpg
ジイ様が写真撮ってた煙突はボイラーで、住宅から学校や病院など全てをまかなってたらしいです。木造の家は薪で冬越すんだってさ。
764_convert_20121028012621.jpg
最後、ジイ様がまた来てくださいって仰って下さった。ありがとうございましたと礼を言いジイ様と別れた。
貴重な話聞かしてもらって本当に有難う御座いました。
そして自分等は青森帰った。俺は青森着いてすぐに東京に旅立った。とてもたのしかったです。
スポンサーサイト

九度目の廃墟 その3

2012年9月8日、午前2時起床。友人を起こして岩手につれっててもらう。4時間位して目的地に到着。
P9084273_convert_20121001211304.jpg
『田老鉱山』
いやーすごい。目に入る情報量が多い
P9084280_convert_20121001211737.jpg
すげー きれーだー とか言ってたら友人に気持ち悪いと言われる。俺もそう思う。
P9084286_convert_20121001212831.jpg
P9084319_convert_20121001213639.jpg
P9084351_convert_20121001220426.jpg
階段は錆にやられてこまっちゃう
P9084442_convert_20121001224508.jpg
イカした建物に入る。ちなみに、最上階から入った。下に行く程オドロオドロしくなる。
P9084472_convert_20121001225159.jpg
P9084487_convert_20121001225747.jpg
P9084527_convert_20121001230305.jpg
P9084537_convert_20121002000322.jpg
たのしかった
この後、付近の廃校目指してすすんだつもりが気づくと街中だった。
がっこうはまた今度の楽しみにして松尾鉱山めざす。
プロフィール

ネオピラトン

Author:ネオピラトン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ピザーラ