スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九度目の廃墟 その2

2012年9月7日、朝7時起床。
15年位前に行った事がある廃墟が五所川原市にある。そこ行くため友人と現地で待ち合わせした。
到着したが友人はまだ来てない。とりあえず様子見に行く。様子がおかしい。友人が事前調査をしてくれてたんだが、その時にはバリケード封鎖されていて入り口なんか無いとの事だった。しかし入り口全開で人が居る。
まずいと思って引き返す。友人と合流。こうなりゃ交渉するしかないので写真撮っていいか伺ってみたら「うん、いいよ」って言ってもらえた。
P9074074_convert_20120926041825.jpg
マシーン。ここにはプールと風呂があるからボイラーだろうな。
P9074146_convert_20120926042503.jpg
早速これだ。やっぱり落書きといえばセックスだ。
P9074078_convert_20120926043220.jpg
とりあえず一番上までいく。見晴らし良い。
P9074085_convert_20120926043754.jpg
徹底的に窓割られてる。過激だわ。
さて下へ行こう
P9074113_convert_20120926044204.jpg
これはプールだ。
P9074113_convert_20120926044700.jpg
ミンチするぞ!!SEX
素晴らしい。
P9074124_convert_20120926045358.jpg
ブサイクな魔法陣を見つけた。とんでもない悪魔が出てきてミンチされちまう。
もう一つ下の階へ行く。
P9074125_convert_20120926050243.jpg
達磨。
P9074131_convert_20120926050646.jpg
なぜか、元SSのインタビューが貼られてた。そしてハーケンクロイツではなく卍が。これじゃあ寺だ。
P9074138_convert_20120926051648.jpg
外人は殺せ。さすがナチ、過激だ。でも、なんか違うだろ。
住んでる方に礼を言い立ち去る。
五所川原市内を散歩する。
P9074161_convert_20120926232438.jpg
ベッキベキな家を見つけた。入るにも入れん。
P9074168_convert_20120926233506.jpg
友人に連れてってもらった駅。バス停みたい。
ここで友人と別れる。家帰って家族でシジミラーメン食いに行った。うまかった
そして家に帰る。夕方になり暗くなってきた。もう一観光できると思い軽トラに乗り込む。
P9074191_convert_20120926234702.jpg
木造駅。大好きなデザインだ。この遮光器土偶は目が光る。駅員に頼むと光らしてもらえる。しかし駅員6時で帰るからそれまでに行かねばならない。
光らしてもらったが光弱くて撮影できず。正月にまた来よう。
家かえってメシ食って寝た。次の日には岩手に行くのではやく寝なくては。
たのしかったです
スポンサーサイト

九度目の廃墟 その1

2012年9月5日ちょいと遅めの盆休みいただき実家に帰る。
今回の帰省の目的は、墓参りと青森観光、そして岩手観光である。夜行バスに乗り込み9時間寝たら青森についてた。そっから車で1時間行くと我が家だ。仏壇に手合わせて家族に近況報告、そして寝る。起きて墓参り。そっから観光スタート。家の軽トラ借りて廃屋目指す。そしたら廃校見っけた。
P9063880_convert_20120926020400.jpg
百葉箱。この学校、家から凄く近いんだがよく知らない。入ろうと頑張ったがあきらめる。ここが目的ではない。
P9063922_convert_20120926021428.jpg
ここに来たかったんだよ。
P9063972_convert_20120926022620.jpg
昔っからボロいと思ってたが中に入るのは初めて。
P9063991_convert_20120926024929.jpg
滑車みっけ。井戸でもあったんだろう。
青森は雪が多い。家人不在になると雪搔きする人が居なくなってしまう。そうなると家潰れる。
他の廃屋も見てたら近隣に住むジイ様が俺のこと物凄く見てる。まぁそりゃ見るわな。雨も降ってきたし場所変えよう。
P9064017_convert_20120926033059.jpg
アオモリトム
ここは家から歩いてでもこれる。裏手に周ると窓ガラス割れてて侵入の形跡があったがベニヤで封鎖されてた。
無理して入る気にならなかったから場所変える。
P9064034_convert_20120926025529.jpg
軽トラかっ飛ばしてたら雨上がって神々しい空になった。
ここらで友人と合流した。んで友人宅側の廃屋へ行く。
P9064043_convert_20120926034250.jpg
なんでか便所の写真しか撮ってなかった。
友人に2日後岩手に連れっててくれと頼み、メシ食いに家帰る。
飯食って深夜徘徊と洒落込む。
P9064050_convert_20120926035231.jpg
友人誘い村内徘徊した。楽しかった。帰って寝た。

八度目の廃墟

2012年8月27日、俺に廃墟の手ほどきしてくださった方とニッチツへ行く。
朝6時出発。ニッチツは遠い。
P8263448_convert_20120922025038.jpg
9時半、漸く秩父市入り。古代遺跡みたいなハゲ山みえてきた。
P8263457_convert_20120922025154.jpg
ニッチツ行く途中のダム。前回来た時、この場所に全裸のオッサンがいたのだが今回はいなかった。残念だがいないもんはしょうがない。
ここから少し進むとパトカーがパトランプ光らしてニッチツの方にむかってった。前日によそ様のサイトでニッチツ警備強化、なる記事を読んだので震え上がった。
P8263467_convert_20120922025210.jpg
ニッチツ入り口の素掘りトンネル。これ撮ってたらパトカー帰ってった。
この日、ニッチツには観光客が沢山いた。自分らもそうなんだが。
車停めて廃墟へ向かう。
P8263564_convert_20120922025246.jpg
いやぁ凄い。
P8263618_convert_20120922025303.jpg
これまた凄い。
P8263653_convert_20120922025324.jpg
ホント凄い。
P8263687_convert_20120922025403.jpg
この講堂、よそ様のサイトで見てとても行きたかった。来てよかった。
P8263745_convert_20120922025437.jpg
少し行くと病院がある。荒れまくってる。
P8263714_convert_20120922025421.jpg
ここ格好いい。
車戻って、ちょいと移動
P8263787_convert_20120922025456.jpg
山登りして見っけた家。石垣に沿って建てられてる。
下りて売店跡見てニッチツを後にする。
廃村が乱立する浦山地区へ向かう。しかし事前調査が足らず満足いく結果は得られなかった。
P8263839_convert_20120922025528.jpg
浦山のトンネル。こえーよ
これ撮ったらカメラのバッテリーきれた。予備が必要だと思った。
楽しかったです。

七度目の廃墟

廃墟のはらわたに知らない方からコメント頂いた。
結果、一緒に精華寮行く事になった。
2012年8月18日、茗荷谷駅で待ち合わせ。精華寮には、すぐ着いた。
四月と五月に訪れた時は凄く恐ろしかったこの廃墟も三度目の訪問ともなるとなんともない。慣れとは凄いものだ。
P8183301_convert_20120915110103.jpg
凄く暑い日で、誰かクーラー設置してくんねえかしらと思いながら写真撮る。
P8183385_convert_20120916000227.jpg
雨降ってたんだがバッチリ止んでくれた。マジであっちい、ふざけんなよ東京。
P8183429ex_convert_20120916001310.jpg
この精華寮は、5年前の7月19日、火事によって廃墟となる。ちなみに自分の誕生日も7月19日
P8183419_convert_20120916002100.jpg
マシーン。イエーイ
帰りに冷麺おごってもらった。ごちそうさまでした。またどっか行きたいものです。
神保町よって本買って帰りました。たのしっかったです。

六度目の廃墟

静岡観光行く前の2012年7月18日 梅雨明けの日 府中へ行く。理由は暇だったからってのと、暑いから外出ひかえろってテレビが呼びかけてたから。目指すは『府中米軍基地跡』。行けば何とかなるだろって軽い気持ちで行きました。結果、暑さで死にそうになりながら有刺鉄線付フェンスで囲まれた基地の周りを1周半する。
IMG_1147_convert_20120904014131.jpg
結構、外に出てる人がいるのでビビって入れない。外出ひかえろってテレビがいってたのに。そうこうしてると、精神と体力が限界を迎えたので帰る。
事前調査が足りなすぎた。なめてたわ。入れそうな処が何箇所かあるってことだけが、この日の収穫。
こうなりゃ人目につかない早朝狙っていこうと思う。しかし、住んでる所からココまでくるに3時間位かかる。始発乗っても到着すると早朝ではない。
そんな理由で2012年8月10日府中の漫画喫茶に泊まる。ドキドキして眠れない。遠足前のドキドキとは違う、最悪な事態を危惧してのドキドキだ。結局、眠れないまま朝4時出発。キャッチと売女に声かけられる。やましい気持ち全開だったのでスゲーびびる。盆だったので実家に帰省する方々が準備をしている姿をチラホラみる。自分も実家でゆっくりお盆をむかえたいなんて考えながら廃墟へ向かう。
4時45分、前に一番入りやすそうって思ったところにつく。ココ本当に行けるのか?なんて思ってると、うしろからイタチか、テンが颯爽とやってきてフェンスを軽々越えて行った。負けじと自分もよじ登った。
無事、敷地内にはいれた。とりあえず人目を避けるため藪に入る。なんとなく人が歩いた形跡を確認できる。先人の恩恵にあやかって進むがすぐ途切れて完全にジャングル。反対方向に進むが人間が進めるような処は無い。愕然として最初の方向へ行ってみるが進めないものは進めない。同じ事を数回繰り返してるうちに、このままじゃ蚊に刺し殺されると思い三脚を振り回して道を切り開く。
P8113123_convert_20120904034217.jpg
こんな具合。この時ほど一人が寂しいと感じた事は無かったかもしれない。汗だくになりながらそんなことばっか考えてると漸く建物の入口発見。蚊と藪から逃れる為に建物に入る。
P8113094_convert_20120904035905.jpg
暗いんだよアホじゃねーの。こえーんだよ。しかし、さすが建物 藪とは違う。この建物、二階建てで横にやたらと長い。んで、同じ造りの建物が五つある。どうやらアパートのようだ。
P8113102_convert_20120904035951.jpg
二階からの眺め。青森出身の自分にとって東京は全部都会だと思っていた。しかし、それは間違いだったようだ。
P8113101_convert_20120904035928.jpg
府中名物のパラボラアンテナが近くに見える。とりあえずパラボラめざして進もう。
P8113126_convert_20120904041554.jpg
また藪漕ぐのかと思うと今すぐ帰りたい気持ちに駆られる。しかしここまで来といて帰るなんて意味わかんない。気合入れて三脚ブン回す。
P8113130_convert_20120904041620.jpg
暫くブン回してたらパラボラのすぐ近くまで来ていた。木邪魔。
ここまで来ると、藪地獄から開放される。道路になっているからだ。でもこの道路、民家から丸見えなので気を付けねばならない。またしてもフェンスが出てきたので乗り越える。土がやわらかいなここなんて思ってたらパラボラの真下にいた。とりあえず三脚立てて記念撮影した。疲れすぎて何もかもどうでもいい気持ちになるが帰るには来た道通らなきゃいけない。それは嫌だったので先に進む。道路は歩きやすくていいんだが疲れと不安でとにかく帰りたい。なんか建物でてきたがあとで見ようと思い進む。そしたら、またしてもフェンス。その先には現役のタワーとその施設がある。タワー辺りかブーンって音が聞こえる為、不安倍増。少し進むと竹林がある。車の轍が新しい。いつ人がきてもおかしくない。ここで先に進むことをあきらめる。今、考ると進めば良かったのにと後悔している。
P8113143_convert_20120905023051.jpg
さっきスルーした建物に入る。異国情緒あふれる入り口だ。外国きたみてえ
P8113165_convert_20120905023310.jpg
Coolな落書きだ
P8113151ex_convert_20120910044832.jpg
日差しCool
ここの床抜けててこわい。二階があるが帰る気満々だった自分は諦める。二階へ行く階段には猿が描かれてCool
外にでて少し進むと大仏が見えた。寺の近くにいることがわかる。そしてパラボラ近くのアパートへ入る。
P8113197_convert_20120905023416.jpg
この日、一番いいなって思った所。窓に落書きが施されていてかっこいい。
P8113198_convert_20120905023436.jpg
窓が開いていたのでなんでかな?なんておもったらパラボラが見える。なるほど。
閉めて撮りたかったが完全に閉まらない。クソ野朗。
P8113212_convert_20120905023455.jpg
五棟あるアパートは大体同じ造り。やたら長くて残ってる物はほとんど無い。昔は、ここに外人が沢山くらしていたんだろうな。
P8113223_convert_20120905023519.jpg
壁Cool
P8113239_convert_20120905023538.jpg
部屋ボロい。
ここで時間は7時。隣の寺からカンカン聞こえてきた。帰る。藪を漕ぐ。入った所に戻ってきた。そのままフェンスを越えて平和な世界に帰ってきた。不安から開放されたのと達成感でとても嬉しい。そして家に帰って、死んだ様に寝た。楽しかったが夏に行くようなところじゃなかった。まだ見てない処がたくさんあるので草木が枯れたときにまたいこうと思います。

五度目の廃墟

廃墟に行くとなると、いろんな危険が伴う。しかし、思ってたより遥かに楽しい。遠出するたのしみ、崩壊してる建物を見て受ける衝撃、様々な不安、緊張感、背徳感、不安から開放される安堵感などなど良い事尽くめである。そんなこんなで仕事場で有志を募り静岡観光を企画する。
4月に連れてってもらった廃墟2つに加え危険な所2つ、安全な所2つ合計6箇所周る予定だ。
2012年7月24日朝6時、上野で待ち合わせ。予約したレンタカー借りていざ静岡へ。
9時半に『ベルビュー富士』到着。自分の予定だと、この時間には熱海にいる予定だったんだがまぁよしとする。
P7242761rx_convert_20120903012435.jpg
見所のピアノ。エレクトしてますよ奥様
よそ様のサイトを拝見する限りではエレクトされてないんで御座いますよ。
前回、ピアノ見てない。友人が車に帰ったから
P7242787_convert_20120903012531.jpg
4月に来た時より荒れてる気がする。
P7242814_convert_20120903012655.jpg
ゾンビでそう。ゾンビ似合う、絶対似合う。ロメロも喜んでくれるとおもう。
P7242874_convert_20120903012733.jpg
3階へ行くと天井落ちてた。こんな素晴らしいのに前回見てない。友人が車に帰るから
P7242895_convert_20120903014921.jpg
3階通路。いいじゃない
P7242905_convert_20120903014943.jpg
屋上からの写真。すげー楽しかったが、すでに11時。9時半には『熱海秘宝館』の予定なので、もっと居たかったが出発。
カーナビ任せで熱海に向かったが完全に道間違える。死ねよカーナビ
結局、秘宝館到着が13時半。4時間押しだ。予定変更、危険な所1つ諦めた。
P7242926_convert_20120903015002.jpg
素晴らしいよ奥様。秘宝館は15年位前にテレビで特集やってんのみて以来の憧れ。いい時間が流れてた。
続いて、『まぼろし博覧会』へ行く
P7243006_convert_20120903015023.jpg
かっこいい。まぼろし博覧会にはえらく感銘を受けた。本当素晴らしい。全都道府県に進出したらいいのに。
次は、この日のメイン『ループ橋』へ
ちょっと苦労したがが、普通に行けた
P7243053_convert_20120903233234.jpg
ここは文句なしに凄い。これで町興しできると思うんだが。
P7243020_convert_20120903233045.jpg
なかなかデカイ。同行の有志と比較すると規模がわかる。
P7243025_convert_20120903233124.jpg
柵が行く手を阻むが無視
P7243041_convert_20120903233212.jpg
この橋、歪んでんだよ。かっこいい
P7243035_convert_20120903233148.jpg
最先端から。
皆で記念撮影して立ち去る。ここで18時半。もう満足したし帰ろうかってなるが我がままきいてもらって『稲取隔離病棟』へ行く。
P7243066_convert_20120904000413.jpg
もう暗くて何も見えん。森の中は暗くなるのが早いという事を覚える。
さあ、ここから上野に帰らなきゃいけない。帰りの道中、静岡には外灯が少ない事に気付く。その分、夜景が綺麗なんだが危ない。
22時半、無事に上野到着。すごく楽しかった また行きたいです。


プロフィール

ネオピラトン

Author:ネオピラトン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ピザーラ